スポーツ

長野 飯綱高原スキー場が55年続いた歴史に幕を閉じる時が来た。

スキー場長野市民に愛され続けた55年間の歴史を持つ飯綱高原スキー場が

今シーズン限りで幕を閉じることになりました。

野オリンピックではフリースタイルスキー・モーグルの競技会場にもなりました。


スポンサーリンク

1965年に開設して55年の歴史を閉じます。

スキー場

長野市民に愛されてきたスキー場の閉鎖のニュースです。オリンピック会場にもなった飯綱高原スキー場は、経営悪化で長野市が譲渡先を探していましたが、期限内に見つからず、今シーズン限りで幕を閉じることになりました。

常連客や家族連れが訪れる長野市の飯綱高原スキー場。今シーズンは雪不足に悩まされていましたが…。

1965年に長野市が設置した飯綱高原スキー場。市街地に近いスキー場として市民に愛されてきました。最盛期の1984年には23万人余りが訪れ、その後、長野オリンピックではフリースタイルスキー・モーグルの競技会場となり、里谷多英選手の金メダルに沸きました。

しかし、スキー離れに加え、近年の雪不足の影響で滑走期間が短くなったことで利用者は去年、2万9000人ほどまでに落ち込みました。赤字経営が続く中、設置者の市は去年、民間の事業者に譲渡することを決め、買い取り手を探していました。
リフトや管理棟は事実上、無料で譲り渡すことにしていましたが…。

長野市観光振興課・小林祐二課長:
「公募の結果、応募者がいないということで、飯綱高原スキー場は今シーズンをもって終了」

公募期間最終日の先月27日までに手を上げた事業者はなく、55年続いた歴史に幕を閉じることになりました。

長野には、他にもスキー場が4箇所もある!

志賀高原スキー場(長野県)

志賀高原

志賀高原スキー場「志賀高原スキー場」は、長野県志賀高原エリアにある全18か所のスキー場の総称です。「奥志賀・焼額山エリア」「一の瀬・高天ヶ原・東館山・西館山・発哺ブナ平・タンネの森・寺子屋エリア」「ジャイアント・丸池・サンバレー・木戸池エリア」「熊の湯・横手山・渋峠エリア」の全4エリアに分かれ、エリアごとに大小さまざまなスキー場から成る日本最大級規模のスキーエリアです。人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。

~人気な理由と魅力~

■標高1,304m~2,307mに広がる大小のスキー場(全18か所)、1日では滑り切れないほどの広さ!

■各スキー場を、全52基のリフト・ゴンドラ、そしてシャトルバスで機能的に連結

■全山共通のリフトパス(キーカード)とシャトルバスで、各スキー場を自由に行き来でき、全コース滑走可能

■多彩なゲレンデを持っているから、あらゆるレベルに対応!初心者~上級者まで楽しめる

■標高が高く、恵まれた地理や気候条件により、良質なパウダー雪質

■11月中旬~5月下旬までロングシーズンに渡り、スキーを楽しめる

 


スポンサーリンク

野沢温泉スキー場 (長野県)

野沢

野沢温泉スキー場長野県北部の野沢エリアに位置する「野沢温泉スキー場」は、ゲレンデ・コースの総面積297haと日本最大級のビッグエリア、お湯めぐりで温泉三昧も楽しめるスキー場です。人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。

~人気な理由と魅力~

■日本最大級のビッグエリアに、全36コース、スノーパークも設置。

■各レベルに応じた多彩なコース設計、そのうち約40%が初心者向けコースで、ビギナーやお子さまも安心!

■最長滑走距離が、なんと10,000m!!

■天然雪100%のスキー場

■世界各地から収集した豊富な資料を収蔵している「日本スキー博物館」で、スキーの歴史を学べる。

■歴史深い「野沢温泉」で、野沢温泉スパリーナや、天然温泉100%かけ流しの共同浴場13カ所で、温泉三昧できる。

■ゴールデンウィーク5/6まで営業予定で、ロングシーズンに渡り楽しめる。

■東京駅から、北陸新幹線・直通バスにて、最短2時間でアクセス可能。

 

竜王スキーパーク(長野県)

竜王

竜王スキーパーク志賀・北志賀エリアに位置する「竜王スキーパーク」は、幻想的な雲海やサンセットの超絶景が見られるパウダースノーエリアです。人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。

~人気な理由と魅力~

■世界最大級166人乗りのロープウェイで、標高1,770mの雲の上「SORA terrace」に移動。

■「SORA terrace」からは、条件が合えば、発生率67%の幻想的な雲海・目の前に沈む夕陽が眺められる。

■2017夏オープンのラグジュアリーな空間「SORA terrace cafe」では、こだわりコーヒー・出来たてフードが楽しめる。

■標高が高いため、雪質・雪量ともに、安定のコンディション。サラサラ雪質のパウダーランを体感できる。

■パウダー好きは、竜王名物最大斜度36度の「木落としコース」を堪能!

■多彩な15コースでレベルを選ばず、最長滑走距離6kmを一気に滑り降りるロングランが可能。

■スノーボーダーが7割を占め、パークアイテムも充実の6アイテムを設置。

■12月中旬~3月下旬まで、基本的に日曜日以外は、毎日ナイター営業!

■アフタースキーは、ゲレンデ麓の天然温泉「三ヶ月の湯」

 

白馬八方尾根スキー場(長野県)

白馬

白馬八方尾根スキー場白馬エリアに位置する「白馬八方尾根スキー場」は、1998年長野冬季オリンピック会場にもなった、世界が憧れる国際山岳リゾートです。人気がある理由とその魅力は、以下のとおりです。

~人気な理由と魅力~

■スケール大!の3,000m級山々が連なる北アルプスを眺めながら、標高差1,071mを一気に滑り降りる爽快感。

■良質のパウダースノーや雲海の、息を呑む絶景。

■全13コース、リフト全23基で、多彩なコース設計!スキーヤーもスノーボーダーも楽しめる。

■最大の魅力は最長滑走距離8km!24分滑りっぱなし。

■各種レンタル用品が充実だから、手ぶらで滑りに行ける。

■レストランも充実!今シーズンは大幅リニューアルの予定。

■日本唯一天然水素を含む高アルカリ温泉「八方温泉(おびなたの湯・八方の湯・郷の湯・みみずくの湯)」で、お肌もつるつるに!通称美人の湯を堪能。

 

 


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました