スポーツ

東京マラソン、一般参加取りやめで返金なし!参加費用の総額は?

東京マラソン2020年、東京マラソンの一般参加取りやめたが、参加費用は返金されないことが発表された。
しかもですよ、その参加者が来年に東京マラソンに参加する場合は、
新たに参加費用が必要とのことです。


スポンサーリンク

新型コロナ 東京マラソンの一般参加取り止めで返金なし!

東京マラソン

東京マラソンの参加費用はいくら?

2020年から参加費用が値上げになってます。
一般ランナーの参加は、およそ3,8000人です。

国内ランナー: 10,800円  ▶  16,200円 (込)
海外ランナー: 12,800円  ▶  18,200円 (込)
すごい値上げ率ですね。

 

参加費用の総額は?
海外のランナーの参加割合が不明なので、仮に国内ランナーのみで計算しました。
16,200円×3,8000人で 6憶1千560万円 です。

 

これらの金額が全て返金されません。
しかも、来年の参加は新たに参加費が取られると言います。

中国在住者のみ来年参加料免除です。

 

これら、どう考えても不公平感があり如何なものかと思います。
東京都 小池百合子 知事の苦渋の決断は、後に問題を残しそうです。

国内外の招待選手エリートランナーの主な28人に絞りました。

 

東京マラソン

海外招待選手(男子)の10人

海外招待選手がエグすぎる。
画像は、一般財団法人東京マラソン財団から引用いたました。
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン

国内招待選手(男子)の8人

豪華なメーバー揃い
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン
東京マラソン

東京マラソンのコースです。

東京マラソン

新宿をスタートし、浅草、両国、銀座、東京タワーと東京の名所を巡り、最後は東京駅前を曲がって皇居がゴールのコースです。


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました