有名人ネタ

「壇蜜(38)」と「清野とおる(39)」が結婚、二人の出会いは?

壇蜜タレントの壇蜜(38)さんと人気漫画家の清野とおる(39)さんが11月22日に

電撃結婚をしましたね、なんか情報によると11月22日の「いい夫婦の日」に

婚姻届けを出したそうです。


スポンサーリンク

お二人が11月22日のいい夫婦の日に入籍

壇蜜

タレントの壇蜜(38)さんと人気漫画家の清野とおる(39)さんが11月22日の「いい夫婦の日」に結婚入籍されましたね。

お二人の、結婚式(挙式・披露宴)は何処で行うのか?
今のところは正式な発表はありません、式と披露宴はやらないかも知れませんね。

もし式と披露宴を上げるとすると

  • 帝国ホテル 東京
  • パレスホテル東京
  • ザ・プリンス パークタワー東京
  • グランドプリンスホテル新高輪

この辺りでしょうか?

壇蜜さんと清野とおるさんの出会いのきっかけは?

テレビ局関係者の話によると、2人は17年3月に放送されたTBS系「櫻井・有吉THE夜会」での共演がきっかけになったようです。

2人は、同じ生まれ年で話がはずみ意気投合して交際をスタートさせたみたいです。

 

漫画家の清野とおるさんの代表作

青春ヒヒヒ

とおる

清野とおるの初連載作品で初期の代表作。日日日中学校に転校してきた岩清水つとむ。そして主人公に絡む珍子と満子と、気違い染みた友人たちとのイカれた学園生活を描いた不条理ギャグ漫画である。過激な描写が多く、全体的に薄気味悪さと狂気が蔓延する内容になっている。

清野の弁によると打ち切りで終了になってしまったらしく、最終話では日日日中学校が全焼して登場人物がほとんど死亡するというシュールかつ投げやりな結末を迎えた。

ハラハラドキドキ

とおる

ひょんな事からお腹に人面瘡が宿ってしまった少年、水樹シゲル。そんな彼が、自らに宿った人面瘡の原、同じく人面瘡が宿ってしまった幼馴染、岡地面子を始めとする変人たちに振り回されるギャグ漫画。

作者の清野とおるの弁によれば、打ち切りで終了になってしまったらしく、その為か、最終回では全ての問題が解決することなく棚上げになったまま終了となっている。また、最終回は、これまでのストーリーからは想像もできない悲劇的なものであった。

東京都北区赤羽

とおる清野とおるによる日本のエッセイ漫画作品。携帯サイト『ケータイまんが王国』(Bbmfマガジン)連載。『漫画アクション』(双葉社)にて、続編『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』を2013年9号から2017年12号まで連載した後、2018年21号から連載再開して2019年2号にて完結。これについても本項で扱う。


スポンサーリンク

 

清野とおるさんが、いつも『マスク』を着用してる理由

とおる出典https://toyokeizai.net/articles/-/313891

真相はハッキリしてませんが、清野とおるさんは『トゥレット症候群』だと言う話があります。

この『トゥレット症候群』とは、突然に体が勝手に動いたり、突然に大声を出すらしいです。

それが理由かどうかは、わかりませんが口元を見られるのを嫌ってみたいです。

でも、こんな話もあります、プライベートの時間はマスクはしてないそうです。

最後に、清野とおるさんのプロフィールです。

本名:清野通(せいの とおる)

出身地:東京都板橋区志村(北区赤羽在住)

年齢:39歳

生年月日:1980年3月24日

職業:漫画家、エッセイスト

活動期間:1998年~

出身中学校:東京都板橋区志村第二中学校

出身高校:成立高等学校卒業

出身大学:大学名は非公開


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました