スポーツ

【卓球東京五輪】代表の男女各3人を発表!張本と平野は五輪初出場

卓球代表シングルスの代表は1月2日に発表された世界ランキングで日本勢上位2番手までの選考基準を満たし、団体要員は強化本部の推薦により決まった。

混合ダブルスは水谷と伊藤で組むことも発表された。

 


スポンサーリンク

2020 卓球五輪男女日本代表候補選手選考基準

卓球五輪

日本卓球協会から発表された2020年東京五輪の卓球日本代表の選考基準は以下の通り

1.シングルス代表候補選手 2名

2020年1月発表の世界ランキング日本人上位2名をJOCに推薦。
※上位1位の世界ランキングポイントが3名以上、若しくは2位の選手が2名以上重複した場合は、以下の順序で上位を決定する。

 

(1)ワールドツアー等の優勝回数を評価(〇内の数字は優先順位)
2019年1月1日~12月31日までの期間を評価
①世界選手権 ②ワールドカップ ③ワールドツアーグランドファイナル ④ワールドツアープラチナ6 大会

 

(2)世界ランキング30位以内(日本人選手、同一選手含む)に勝利した回数
(3)該当する選手間で最終決定戦を行う。(詳細は後日決定)

卓球・男女最新世界ランク

2.団体戦代表候補選手 1名

上記1.の代表候補選手とダブルスが組め、団体戦でシングルス及びダブルスにて活躍が期待できる選手1名を、強化本部が決定し理事会に報告及びJOCに推薦。

3.混合ダブルス代表候補選手男女各 1名

上記1.2.代表候補男女各3名の選手の中で、最高のペアリングと思われる混合ダブルスペア1組を、強化本部が決定し理事会に報告及びJOCに推薦。

 

なお、日本は開催地枠として全種目のエントリーが保障されており、予選で出場資格を獲得する必要がない。従って、混合ダブルスベスト4に代表資格が発生する予定である。2019年12月ITTFワールドツアーグランドファイナルについては、混合ダブルスの代表候補選手選出の対象大会としない。

 

ベスト4に入ったペアは、所属NFならびに所属NOCが承認するまで代表ではなく、所属NFと所属NOCに最終的な決定権があることはITTFと確認済みである。

 


スポンサーリンク

 

4.リザーブ候補選手1名

日本がメダルを獲得するために必要なダブルス及びシングルスでの国際競争力を持ち合わせている者1名を、強化本部が決定し理事会に報告及びJOCに推薦。リザーブ選手の発表時期はJOCへのエントリー期限直前とする。

5.補足基準

代表候補選手及びリザーブ候補選手が故障等で大会参加が不能となった場合、その代替候補選手は、強化本部が決定し理事会に報告及びJOCに推薦。以上

卓球五輪代表選手決まる。

卓球五輪

日本卓球協会は6日、東京都内で記者会見して東京五輪代表の男女各3人を発表し、シングルス代表は男子が世界ランキング5位の張本智和(16)と15位の丹羽孝希(25)、女子は3位の伊藤美誠(19)と9位の石川佳純(26)の4人が正式に決まった。

団体要員各1枠は男女ともランキング日本勢3番手の水谷隼(30)と平野美宇(19)を選んだ。

卓球五輪

 シングルスの代表は1月2日に発表された世界ランキングで日本勢上位2番手までの選考基準を満たし、団体要員は強化本部の推薦により決まった。混合ダブルスは水谷と伊藤で組むことも発表された。

張本と平野は五輪初出場となる。

 

 


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました