有名人ネタ

前澤友作YouTube最初の動画がアッと言う前に凄い数字に驚き

1千億円この動画を見て率直な意見を言うと

これは誰も真似が出来ないと思った。

これまでに、一時的な見せ金の動画は有ったけど。

 

 


スポンサーリンク

前澤氏が銀行のATMコーナで確認

通帳記帳

 

第1回目の動画投稿『【初投稿】1000億円を通帳に記帳してみた』をザックリと解説すると

愛車の『メルセデスマイバッハ S600プルマン』の後部席に座って「みずほ銀行」のATMへ向かうみずほ銀行に到着してATMコーナで通帳に記帳をする

そして車に戻って通帳を見せる。 ただそれだけの動画です。

You Tubeチャンネル情報

チャンネルアート前澤友作

チャンネルのURL

  • チャンネル登録日: 2019年11月28日
  • 【2019年12月6日昼の時点】
  • チャンネル登録数: 91,11万人
  • 動画投稿数: 2本
  • ① 2019年11月29日 【初投稿】1000億円を通帳に記帳してみた
  • ② 2019年12月05日 #02 前澤にとって“お金”とは?
  • 視聴回数: 1,516,419回

動画を見た私の感想として

前澤友作さんの動画に対して、世の中に色々な誹謗中傷してる人が沢山いますが

私は、それほど悪い印象を持ってません。

YouTube動画を投稿してる人で、お金に関わる動画を良く見かけますが、前澤さんはありのままを自分を出しているので悪くはないと思います。

中には、実際は大金を持ってないのに、あたかも大金を持ってるような振る舞いをする人や、お金を一時的に借りて来てあたかもこれだけ稼ぎましたと装う人が大勢にいます。身に付けてる装飾品も借り物だったりする場合もあります。

前澤さんの場合は、人を騙したり悪いことをして得たお金でもない自分の力で稼いだお金ですから文句がないです。

実際に、1千億円を銀行通帳に記帳すると言う動画は、もちろん無かったしある金額以上は記帳欄にはカンマが付かないことも初めてしりました。

あるユーチューバーさんで、何千万で腕時計を買いました。車を買いましたは良く見るけど、今回見たいに1千億円を扱った動画は初めて見て驚いてます。スケールがデカイと言うか恐れ入りましたって感じです。

 


スポンサーリンク

前澤氏が番組で剛力彩芽との破局を激白した

ZOZOの創業者で「スタートトゥデイ」社長の前澤友作氏(44)が、5日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上SP』(後7:57~9:54)に出演し、女優・剛力彩芽(27)との破局の真相を坂上忍に激白した。

前澤氏と剛力は昨年4月に交際が発覚して以降、SNSなどでオープンな交際を続け話題となった。

いきなり坂上が「何で付き合ったの?」と直球を投げると「かわいいじゃないですか。テレビで見る顔とまた違いますから。

苦悩している姿とか、普通の人がやったことない経験している姿は、僕から見てもすてきだなと思いますし尊敬できる」と魅力を明かし、「10代からやっているわけで。僕も18、19(歳)から個人事業を始めているので、気持ちも通じるし」と似た境遇が共感を呼んだという。

出会いは「雑誌のアートの仕事」だったそうで、「その時はマネジャーさんも一緒で。ちゃんとマネジャーさんに『連絡先を交換させて頂きたいんですけれども、よろしいですかと』」と断りを入れたのだとか。

剛力が所属する「オスカープロモーション」にも「若い頃から育ててくれた恩のある事務所ですから」と何度もあいさつに行ったというが、社長は「複雑な顔をされていました。

『いいじゃない、いいじゃない』っていう感じではないですよ」と説明。「宇宙に君は行くって言っているけど、まさか(剛力を)連れていかないよな」という会話をしたという。

オープンな交際を続けていた理由について「誰と付き合ったかを、誰がどういうタイミングで公表したっていいじゃないっていう。

新しい時代にしたい」と述べた。「女優さんとか俳優さんって、役があるからプライベートなイメージは出しちゃいけないもん…ていうのが今までの常識だったと思うんですけど、これからの時代は私生活が見えているのに、役を演じたらこんな風に演じられるんだって。

僕は面白いと思っていたんですね」とチャレンジをしていたとだという。

坂上が破局の理由を「どっちから」と問うと、「ありがちですけど、お互いの方向性のズレというか。簡単に言うと彼女はもっとお仕事を頑張りたい。

まだ27歳ですから、お仕事をバリバリ頑張りたいと。一方、僕は新しい事業だとか宇宙だとか。もっといっぱい彼女について来てほしい。ついて来てほしい僕と、仕事をやりたい彼女。ちょっと向いてる方向が…」と別々の道を歩むようになった理由を告白した。

 


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました