お笑い芸人

【木下隆行】ローラに対して猛烈ストーカー行為がキモいキモすぎる

ローラ木下隆行さんは、3月15日に松竹芸能を円満退社したとなってますが実際のところクビ解雇ではないかと言われてます。
木下隆行さんを叩けば、かなりの誇りが出るんじゃないかと言われてます。

 

 


スポンサーリンク

【木下隆行】ローラに対してのストーカー行為がキモいキモすぎる

ローラ

 

[以下引用]

「ローラ、ローラ! ちょっと! なあ、待ってぇや!」

バラエティ番組収録後、スタジオから楽屋へと向かう廊下で大きな声がこだました。声の主は木下。その視線はローラの背中に”全集中”していた。

うっとうしそうに、スタスタと楽屋へと歩くローラ。その後ろにピッタリと張りつく木下。必死に呼びかけるが、ローラは振り向きもしない。

「ローラ、ローラ! 聞いてや!」

聞こえないふりを続けるローラ。それでも木下は”つきまとい”を止めない。それどころか、その声は次第に熱を帯びてきて、なんとローラの肩をグイとつかむや、こう言い放ったのだ。

「さっきも言ったけど、あのバッグは俺がプレゼントしたるからな」

足止めされたローラは、「あっそ。ありがとう」と不機嫌そうに返し、「ハァ〜」と大きなため息を残して自分の楽屋へと入っていったという。

[アサ芸ビズ]

一部始終を目撃した放送作家によるとこれは3年ほど前のことで、この日の収録で紹介された高級ブランドの激レアバッグにローラさんが「わ〜欲しい」と反応したため、木下さんが「それならオレが買ったる! プレゼントしたる!」となりこういうことになったとか。

 

そんなふうにつきまといしつこく言い寄った女性タレントはローラさん以外にもいたそうで。

 

一般社会でも、芸能界でも必要以上にストーカーまがいな、つきまとわれるのはイヤですよね
つききまとう側も相手を見てつきまといますから質が悪い。

木下隆行の二面性

木下■ 理不尽な暴力
■ パワハラの押し売り
■ 金銭トラブル

 

 

木下隆行の理不尽な暴力

先日事務所後輩のお金をネコババし、それを笑いとともに突っ込んだ後輩に対し暴力を奮ったと報じられたTKOの木下隆行さんが、今度はクロちゃんに対しても暴力を奮っていたと女性自身が報じています。

【その1】

ざっくりまとめると、濱口さんの結婚祝いを後輩から集金し取りまとめた木下さんがプレゼントすると公言したヘリコプターのクルージングをいつまでたってもプレゼントした様子もなく返金もないため、昨年末に後輩を代表してオジンオズボーンの篠宮暁さんがネタ的に催促したところ、木下さんが激怒して近くにあったペットボトルを投げつけた、というものです。

さらに翌日になっても電話をかけてきて「二度と顔を見せるな!」と怒ったというから執拗です。

こういう記事って匿名でごましがちなのに、はっきりと詳細が実名で書いてあるのが意外でした。

また、7月にも同内容の記事が女性セブンから出ているのですが、そちらには暴力部分はカットされており、木下さんはお金に困ってないからネコババなんてしない、という流れだったのがウラを感じました

 

【その2】
今回新たに報じられたのが、木下さんのクロちゃんに対する暴力事件です。

 

[以下引用]

「数年前のことですが、ある番組で“後輩のクロちゃんが木下さんをイジる”というドッキリ企画がありました。しかしドッキリにもかかわらず、木下さんはクロちゃんに激怒。収録後に楽屋でクロちゃんに土下座させ、革靴で頭を踏みつけたそうなんです。それだけでは怒りが収まらなかったのか、そのあとの飲み会でも、酔った勢いでクロちゃんに罵詈雑言を浴びせていました。何をされてもあまり怒らないクロちゃんですが、これにはとてもショックを受けたそうです。それ以来、木下さんのことをかなり嫌がっているといいます」(テレビ局関係者)

[女性自身]

パワハラの押し売り

TKO木下隆行が自ブランド服を後輩に圧力で販売

 

[以下引用]

木下をよく知る後輩芸人が彼の“普段”について話す。

「木下さんが立ち上げた洋服ブランドは展示会をやるんですけど、付き合いもあって後輩芸人も顔を出すんです。だけど、お金がない芸人が多いから、買うとなるとキツい。なので買わずに帰ろうとすると、“あれ? 何も買わへんの? ウソやろ?”とか木下さんに迫られたりするんです。先輩に言われたらしかたなくという後輩も多いですから、困ってる芸人も多いんです」

[週刊女性プライム]

この記事のまとめ

木下隆行さんの、これまでの数々の行いがあるので、今では誰も木下さんを擁護する者がいない見たいです。

自業自得の面が強そうですね。

3月15日に、表向きには松竹芸能を円満退社になってますが・・・・
実際は、お察しの通りです。


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました