一般ニュース

鉄道での人身事故が関東で増加!列車を止めると賠償金はいくら請求?

事故良く耳にするのが、列車をある程度止めると莫大な賠償金を請求されるって本当なの?一体どれぐらい請求されるの?
鉄道での人身事故が関東で年間600件を超えて増加してます。
一般利用者による、線路に立ち入ったり、自らの人生を閉じる人が
います。


スポンサーリンク

人身事故などで列車止めると賠償金の請求額は?

列車

列車事故と言っても色々なケースがあります。
1. 無断で線路に入りレールに置き石をする行為。
2. 無断で線路に入り電車の運行を妨げる行為。
3. 自ら人生の幕を閉じる行為。

都会では、3番の事例が多いと思います。
行為そのものが悪質か意図的か?それによっても対応が違います。
よって賠償金の金額はケース  バイ ケースで請求されます

今回は、3番の「自ら人生の幕を閉じる行為。」について話します。

自ら人生の幕を閉じる行為のケース

人身事故
これは、明らかに「自ら人生の幕を閉じる行為」です。
電車のホーム突入速度は60キロを超え車体は30トンなので、危険を察知しても急に止まれません。
人身事故
人身事故
この時の電車運転手さんの心情はさぞかしつらいものが有ると察します。

この場合の賠償金の請求額は?

1. 車両の損傷(修理代)
2. 遅延による払戻金
3. 清掃コスト
4. 他の鉄道会社・バス会社に払う振替輸送代

事故時の混雑具合によって左右されるらしい、数百万~一千万円が遺族に請求されます。

突然に、そんな大金を請求されても直ぐに払えないのほとんどでしょう。
今回は、払わなくて済む救済方法がありました。
今回、亡くなった人の所持品から身元が判明して、どうやら就職活動中だったみたいです。
で就活がうまく行かず悩んだ末の出来事で、今回のケースでは就活中の息子さんには遺産はないので
この場合、相続放棄すれば払わなく済むらしいです。

これもケース  バイ ケースだと思いますが・・・・?

実際に鉄道会社の数社に取材して確かめて見た人の話を。

JR東日本、東京メトロ、東急電鉄の3社に伺ったところ、「電車を遅延させると、損害賠償金が発生」というのは本当。路線内への侵入、車体の破損といった違法行為で運行が妨げられた場合、請求を行うことがあるそうです。このうわさには「飛び込み自殺で亡くなった場合は、代わりに遺族が支払う」と付け加えられることもありますが、JR東日本によると、これも実際に起こりうるとのこと。

しかし、損害賠償金の金額について尋ねると「具体的な回答は……」「この場で回答するのは難しい」といった反応が。これには、細かな状況の違いで額が変わってしまうため、一般論で説明することが難しいという事情があるようです。

JR東日本によれば、鉄道会社は遅延が発生すると、乗客に対する運賃の払い戻し、振替輸送(運行できなくなった列車の代わりになる移動手段を用意する)などの対応を行う必要が。賠償金の金額はこういった対応コストを元に決定されるため、「類似のトラブルでも都会で起こるか、田舎で起こるかで金額が変わってしまう」そうです。

また、「たとえば、『窓ガラスが割れて電車が運行できなくなった』という状況ひとつとっても、修理するのは窓の一部なのか全体なのか、それとも、車体まで直さなければいけないのか、線路上に落ちたガラス片の回収作業も必要なのか……とさまざまな判断を行う」と東急電鉄。遅延トラブルへの対応方法を決めるためにはかなり具体的なところまで検討しなければならないため、現場を見なければ分からない、というのが実情のようです。

まとめると、電車遅延による損害賠償金請求が存在するのは事実。しかし、その金額はケースバイケースで変動するため、うわさのように「莫大な金額」になるかどうかは、実際にトラブルが起こってみないと何とも言えないということになります。東急電鉄は「このような分かりにくさもあって、曖昧なうわさ話として広まってしまうんでしょうね」と推測していました

一番いいのは、自ら自分の人生の幕を閉じる行為をしないのが一番いいのですが


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました