ジャニーズ関連

嵐の5人よ!どうする活動期間の1年延長は、全員一致で拒否か?

嵐ジャニーズ事務所が、新型コロナウイルス感染の影響で
相次ぐコンサートの中止を実施しているので、本来なら
ウン百億円の収益があるはずなのに、収益がゼロに
よって、稼ぎ頭の嵐に稼いで貰うべくが本音でしょうね。


スポンサーリンク

どうするよ活動期間を1年延長してくれと打診は?

嵐出典https://www.cyzowoman.com/2018/10/post_205126_1.html

[以下引用]

「メンバーそれぞれ、休業後の予定を既に決めているはずです。大野智さんは芸能界から離れて静養。相葉雅紀さんと櫻井翔さんは現在交際中の彼女との結婚を予定しているようですし、櫻井さんに至っては結納済みという報道もありました。活動休止後の予定が既に決まっている中で、活動1年延長はプライベートの予定が狂いますからね。この報道に喜んでいるファンの気持ちを無視して、活動延長の要請にはメンバー全員が『断固拒否』するでしょう」(芸能ライター)

[エンタMEGA]

2月29日に配信されたNetflixのドキュメンタリー番組「ARASHI’s Diary -Voyage-」の第3話、第4話には、ドームツアーを控えた5人の様子が収められていました。

 

嵐ファンからは「あそこまで松潤がすべてを決めながら、嵐はやってきたんだ。4人VS1人に見えるほど、ほかのメンバーとの違いが際立っていた」などと驚く声が上がっていたそうで…

嵐ファンも1年活動延期は望んでない。

嵐

今年いっぱいでグループでの活動休止を発表している嵐。しかし、その活動期間が延びる可能性が出ているのです。

 

新型コロナウイルスの影響で、全国各地で予定されていたイベントの中止が相次いでいるが、嵐も例外ではない。

 

嵐は今年4月に中国・北京で予定していた公演の中止を2月中旬の時点で発表しており、以降のコンサートもどうなるか予測できない状況だ。

 

「東京スポーツ」は27日、今年5月15日と16日に東京・新国立競技場で行う嵐の単独コンサート、さらには9月に予定されているという活動休止前の“ファイナル・サンクス・ツアー”にも、自粛の影響が及ぶ可能性を指摘。

 

ラストイヤーのコンサートが中止または延期となれば、やむを得ず来年以降も活動を続けるのではないかとしている。

 

さらに気になるのが今夏の東京五輪・パラリンピックの行方だ。嵐はNHKの東京五輪・パラリンピックの公式ナビゲーターに就任しており、すでに彼らが出演する五輪特別番組の放送もスタート済み。

 

大役を任された嵐はどうなるのか。ファンの間には、その行く末を不安視する声が広がっている。
ファンは活動延期に反対「大野くんを休ませて!」

 

嵐ファンの多くは、彼らの活動延長を望んでいないようだ。SNS上では「どんな苦渋の決断で嵐が活動休止をしたと思ってるの?」「1年も延期はさすがに反対」「せっかくメンバーで何度も話し合って出した結果今年で活動休止するってのに来年も続けさせるのはかわいそう」「みんなにはちゃんと休んでほしい。

 

そしてまたいつか必ず戻ってきて欲しい」等という声が相次いでいる見たいです。

メンバー5人の精神状態はすでに限界に近い状態だそうです。

[以下引用]
「ツアー初日の“楽しもうぜ”と円陣を組んで気合いを入れる声出しも、“レーザー減らそう”と会場の照明を変更するのを決めるのも松本です。松本が嵐のコンサートの演出を担当しているということは広く知られていますが、あそこまで松本のワンマン体制だというのは確かに驚きました。昨年11月に結婚を発表した二宮に最も怒っていたのは松本だという報道もありましたが、それはそれだけ嵐というグループ、ファンのことを考えていたからではないでしょうか」
(芸能記者)

コロナウイルスの猛威を抑えるのは、日米が開発中の治療薬に

クスリ

日本の抗ウイルス薬「アビガン」とアメリカの抗ウイルス薬「レムでシビル」があり
既に両方とも臨床試験が行われています。

 

このどちらかの抗ウイルス薬が効果があれば、コロナウイルスの感染猛威を抑えることが出来ます。

 

そうなれば、東京オリンピックも予定通りに開催されるし、感染の拡大を抑えるための各種の
イベントやコンサートやライブも全て中止することなく行われます。

 

一日も早く、そうなって欲しいですね。

嵐

嵐のメンバーとしては、今年いっぱいでの活動休止で各々が動いているので、活動休止を
延期してくれと言われても、すんなりと納得できないと思います。

 

もし新型コロナウイルスが終息しなければ、嵐のメンバーも納得できないと思うけど・・・、活動休止の延期をしなければならないと思います。

 

 

 


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました