芸能人ネタ

【悲報】志村けんさん逝去!70歳、新型コロナウイルス感染で肺炎による

志村けん志村けんさんは、17日から倦怠感の症状があり、19日には発熱・呼吸困難の症状が出現。20日に都内の病院に搬送され入院しました。
重度の肺炎との診断を受けて入院。診察の際に新型コロナウイルス感染が疑われたため検査が実施され、23日夜に陽性が確認された。


スポンサーリンク

志村けんさんが、治療の甲斐なく逝去されました。

志村けん

志村けん(本名:志村康徳 しむら やすなり)70歳が30日にコロナウイルス感染から肺炎を発症して亡くなったことが分かりました。

志村けんさんは、これからも活躍できるのに残念でなりません。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

志村けんさんは、東京都東村山市出身。25日に新型コロナウイルスへの感染を所属事務所が発表していました。

志村さんは17日から倦怠感の症状があり、19日には発熱・呼吸困難の症状が出現。20日に都内の病院に搬送され、重度の肺炎との診断を受けて入院。診察の際に新型コロナウイルス感染が疑われたため検査が実施され、23日夜に陽性が確認された。

都立久留米高校卒業前の68年、故・いかりや長介さんを訪ねて付き人となり、74年にドリフターズのメンバーに。TBS系のバラエティー番組「8時だョ!全員集合」では、「東村山音頭」や加藤茶(77)との「ヒゲダンス」などで人気を集めた。「全員集合」終了後もコント、バラエティーを中心に活動し、言わずと知れた日本を代表するコメディアンに。フジテレビ系「志村けんのバカ殿様」、同局「志村けんのだいじょうぶだぁ」などの番組で独自のコントスタイルを確立した。

現在も日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」、フジテレビ系「志村でナイト」の週2本のレギュラー番組に出演。30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」にも未発表だが出演が決まっていたほか、20年12月公開予定の「キネマの神様」で映画初主演を飾ることも発表されていた。

◇志村 けん(しむら・けん、本名志村康徳=しむら・やすのり)。1950年(昭25)2月20日生まれ、東京都出身の70歳。68年、都立久留米高校を卒業前に、故いかりや長介さんを訪ね付き人になる。74年に「ザ・ドリフターズ」のメンバーに。フジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」、同局「志村けんのバカ殿様」などのバラエティーで人気者に。「東村山音頭」のヒットでも知られ、東京五輪の聖火リレーで東村山市を走ることが発表されていた。身長1メートル69。血液型A。

古希にして志村は精力的な活動を続けている。『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)と『志村でナイト』(フジテレビ系)の2本のレギュラーに加え、今年は役者としての出演も控えていた。

年末公開の映画『キネマの神様』には菅田将暉とW主演(26日に出演辞退を発表)。30日開始のNHK連続テレビ小説『エール』でも、主演・窪田正孝の師匠にあたる音楽家役で出演予定だ。

多くの仕事をこなすだけに、テレビマンたちは気が気ではないようだ。

「もし志村さんの共演者が濃厚接触者と認められたら、そのタレントが出演する予定の番組の収録ができなくなる可能性もある。そうなれば代役選びや放送延期など大きな影響が出ることは免れない」(キー局社員)

 

WEB運営者
WEB運営者

これからも、まだまだ活躍できる方を失いました。

あらためて、謹んでご冥福をお祈りいたします。


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました