芸能ネタ

氷川きよしが我慢の限界で、ついに「カミングアウト」をする。

氷川きよし偽りの自分を解放し、ついにカミングアウトします。

40歳を期に、これからは自分らしく正直に生きる事を選びます。

カミナグアウトをして良かった。

 


スポンサーリンク

40歳を期に辛かった自分と決別します。

氷川きよし出典https://www.fnn.jp/posts/00427522CX/201911191752_CX_CX

★この度、あたし事ですが、オネエであることを「カミングアウト」します。

氷川きよしさんが語る小さい頃は、ナヨっとして女の子っぽかったから、よく「オンナー」とか「オカマー」ってイジメられて苦労したそうです。

そんな経験があるから、自分をさらけ出したらダメだと思い男らしく生きようと考えるようになったそうです。

だから歌手デビューした時も男らしい歌の「演歌歌手」になったそうです。

男らしい演歌の唄を歌いながら、歌えば歌うほどに何かが違うと思い始めたそうです。

2000年2月2日の歌手デビューから20年

2000年2月2日、演歌「箱根八里の半次郎」からデビュー20年が経ちましたが、その前から、演歌の枠を超えてロック・ポップス・バラード・シャンソンを唄うようになりました。

 


スポンサーリンク

 

そして、歌手生活20周年を迎えて

ビジュアル系の衣装にメイク、アニメソングのイベント「Animelo Summer Live 2019 -STORY-」に出演します。

2年ぶりとなる同イベントに、氷川は黒いシースルーの衣装で登場。

約2万8000人の観客を前に、アニメ「ドラゴンボール超」のオープニング曲「限界突破×サバイバー」など2曲を熱唱した。

出演後、報道陣の取材に応じた氷川は「楽しかった。解き放たれた感じで、自分らしくやれた」とコメント。

また、「いつもの(演歌の)ファンも、アニソンのファンも温かい。

ファンから、洋食と和食みたいな感じで、どちらもおいしい」と笑顔を見せていた。

Animelo Summer Live 2019 -STORY-の模様

氷川きよしの変化にファンの反応は?

思い切って他のジャンルに挑戦したことで、新たなファン層の獲得に成功してるようです。

カミングアウトは確かに衝撃を伴いましたが「自分らしい生き方」に共感を覚えた人は、むしろ以前より好きになったと言うコメントが目立ちました。

驚いたことに、戸惑いはあるにせよ、否定の意見は見受けられなく、むしろ心情を察して、更に応援しようという温かいメッセーシが多かったです。

  • 氷川きよしさんも、いい年齢だしここいらでカミングアウトして楽になりたかったと思いますね。
  • それに最近に、ポップス・ロックなどを歌ってるのは将来のためだと思います。
  • 演歌の時代は、やがて終焉を迎えるのは間違いないですからね。
  • 他のジャンルも歌えるように備えるのは当然のことだと思います。

 

私の記事で氷川きよしの「ありのままの姿」に魅了される!若い女性が増加中

 


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました