スポーツ

ロシアのザギトワ(17) 2018年女王も1年後には引退か?

ザギトワロシアのフィギュアスケート界は本当に厳しい

2018年平昌冬季五輪の『ザギトワ』選手は金メダリストで女王に輝きましたが

しかし、1年後は引退に追い込まれるのか?

 


スポンサーリンク

ロシア ザギトワ選手生命は終わるのか?

ザギトワ

アリーナ・イルナゾヴナ・ザギトワは、ロシア、イジェフスク出身のフィギュアスケート選手。
2018年平昌オリンピック金メダリスト。
2017年グランプリファイナル優勝。
2019世界選手権優勝。
2017/2018欧州選手権優勝。
2017/2018ロシア選手権優勝。

この輝かしい実績を残した「ザギトワ」でさえ、2019年12月7日 イタリアで行われたグランプリ(GP)ファイナルでは、ジャンプミス連発で最下位に終わっていた。

旋風ロシア3人娘の追い上げがすごい

3人娘

2019年12月7日 イタリアのトリノで行われたフィギュアスケート・グランプリ(GP)

ロシア3人娘が表彰台を独占 コストルナヤ圧巻の美しさで世界最高V

ロシア3人娘の成績は?

演技の成績1位 アリョーナ・コストルナヤ (ロシア)247.59
2位 アンナ・シェルバコワ (ロシア)240.92
3位 アレクサンドラ・トゥルソワ (ロシア)233.18
4位 紀平梨花 (日本)216.47
5位 ブレイディ・テネル (アメリカ)212.18
6位 アリーナ・ザギトワ (ロシア)205.23

ロシア3人娘が表彰台を独占しちゃいました。

 


スポンサーリンク

「フィギュアスケート・GPファイナル」(7日、トリノ)

女子ショートプログラム(SP)6位の紀平梨花(17)=関大KFSC=はフリー4位の145・76点、合計216・47点で4位だった。

SP首位のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)がフリー162・14点、合計247・59点で初優勝。

合計の世界最高得点241・02点を大幅に更新した。

また、シニア1年目のロシア勢(コストルナヤ、シェルバコワ、トルソワ)が表彰台を独占。

1カ国での独占は女子初の快挙となった。

ロシア指導者がフィギュアは過酷なスポーツ

コーチ

ロシアフィギュアスケート界の大御所でソ連功労監督のタチアナ・タラソワさんが語るフィギュアは過酷なスボーツです。

タラソワさんは、ジュニア選手のトレーニング環境に触れ「ロシアの選手は14歳で4回転に成功しているけど、これはつらいことだと思う。

体重を維持するだけじゃなくて減らさなくてはならない。そうじゃないとジャンプを跳べない。

練習の負荷は大きい一方で、水さえ満足に飲めないこともある」と発言、フィギュアが過酷なスポーツであることを認めている。

こうした事情もあってか、ロシアではソチ五輪金メダリスト、アデリナ・ソトニコワさんや団体金メダリスト、ユリア・リプニツカヤさんら多くの女子選手が20歳前後で競技生活から引退・活動休止していると言います。

アリーナ・ザギトワさんの今後は?

ザギトワ

【モスクワ共同】通信によると、フィギュアスケート女子で2018年平昌冬季五輪金メダルのロシアのアリーナ・ザギトワ(17)は13日、同国の政府系テレビ「第1チャンネル」の番組で、選手としての活動を停止すると表明したそうです。

今後も練習は続けアイスショーには出るが「私は既に勝利した。人生の全てを手にしている」と発言。事実上の引退宣言と受け取られています。

ザギトワさんは、今月末のロシア選手権に出ないと明言。「ロシアのスケート界は若年化が進んでいる」と話し、自分より若い選手の台頭が決断の背景にあることを示唆した。

コーチのタチアナ・タラソワさんが言ってたように、フィギュアスケートは過酷なスポーツなので、今年に4回転ジャンプが成功しても来年に成功するかはわからない。

それだけ、身体のベストな状態を維持できるか?メンタル的な部分が強いんでしょうね。

ザギトワは15歳で出場した平昌五輪で、史上2番目の若さで頂点に立った。

今後は、アイスショーなどに出て、ゆっくりと将来のことを考えたらいいと思いますよ。

そして、秋田犬の『マサル』くんとの暮らしを楽しんでくださいね。

 


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました