その他

次々と出る渡部健のゲス振り!性欲を満たすだけの不倫で逮捕されるかも?

佐々木希渡部健は芸能界きっての美女を妻にしながら、複数の女性と不倫をする。私には、理解ができないが、そう思うのは私だけ?
これは渡部健にとって致命的なイメージダウンだね。
と言うより渡部は逮捕されるかも?
それと佐々木希は、不倫相手と裁判も考えるてるとか!

 

 


スポンサーリンク

渡部健の性欲を満たすだけの不倫の場所

不倫

渡部健と言えば、爽やかな笑顔でグルメや高校野球を語り、MC業も軌道に乗る一方で、絶世の美女と評される佐々木希さんを妻に迎え、第一子長男も誕生し幸せまっしぐらと思われた渡部健が、
ここにきて転落したのは、独身時代から変わっていないという女癖の悪さが原因だとされてます。

 

渡部さんは佐々木さんと交際中から複数の女性と交際。毎年9月の「ULTRA JAPAN 」では渡部さんがVVIP席でナンパをしてはどこかへ消えていくの姿が目撃されていたとか。

 

そんな風に渡部さんと関係を持ったうちの一人が、昨日文春オンラインで報じていた六本木ヒルズの多目的トイレで何度も、他の女性と合わせて20~30人との不倫を楽しでいた。

渡部健が逮捕されるとは?容疑は何か?

渡部健

渡部健が、不倫の場所として選んだ「六本木ヒルズの多目的トイレ」で情交を繰り返す。
それが1~2回でなく、驚くことに20~30回を六本木ヒルズの多目的トイレで不倫していた。

 

複数いる不倫相手の一人のB子さんは、そもそも関係が始まったころは、渡部さんの個人事務所のあるマンションに呼び出され、毎回15分ほどでちゃっちゃと済ますと、「気をつけて帰ってね」と1万円を渡してすぐ帰らせていたんだとか。

 

逮捕理由として考えられる事渡部健が不倫場所を六本木ヒルズの多目的トイレを20~30回利用

 

■刑事責任的に■
渡部健の建造物不法侵入罪
六本木ヒルズの多目的トイレの管理者の「森ビル」の判断次第では逮捕される。
本来、多目的トイレは淫らな行為をする場所ではない。

 

■民事責任的に■
渡部健の夫婦の貞操義務違反で
渡部: 不法行為
女性: 共同不法行為

そんな理由で、渡部健の「逮捕」はあり得るかも?

佐々木希が不倫相手の女性を告訴もある。

佐々木

6月6日、文春記者が車を運転し帰宅した渡部さんを直撃すると、まずは「知りません」を押し通していたのですが、「結婚後にも女性に一万円を渡して、そういう行為をしていた?」という質問を聞くと、渡部さんは絶句し虚空を眺め、「ちょっと車停めてきていいですか」と力なく呟きマンションの駐車場へ向かうも、そのまま記者の前に戻ることはなかったとのこと。

 

その数時間後、渡部さんから女性たちに対し、文春の取材や交際内容を確認する連絡が次々と入ったそうで、文春直撃から約8時間後、B子さん(多目的トイレの女性)にも電話があり、そのときになんと佐々木さんがそばにいたとのこと。

 

渡部さんは冷静な口調で「今日、文春の人が来て色々言われたんだけど。俺らが最後に会った日にちは覚えてる?」「奥さんが隣にいるんだけど代わるね」と告げたあと、佐々木さんが電話に出て、

 

「あなた酷いですね。今の会話、録音していますから。嘘をついたら大変ですよ。彼と最後に会ったのはいつ?」

 

「最後に彼と会ったのはいつなのか、そこはっきりして。私たちが結婚したのは一七年だから。その前なんですか、後なんですか?」

 

[以下引用]

前出のB子さんの知人女性が言葉を続ける。

佐々木さんから裁判をチラつかせるようなことも言われたといい、彼女は恐怖を覚えたそうです。でも、結婚後に何度も肉体関係を迫ってきたのは渡部さんのほうで、彼女から誘ったことは一度もない。それはLINEの履歴にもしっかり残っています」

[週刊文春]

 

渡部健の「結婚前のあだ名」がヤバすぎる。

渡部健

複数の女性と関係を持った問題により、当面の間、活動の自粛を発表したお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建ですが。

 

そんな渡部が結婚前から女性との交際関係が激しかったことは、実は周知の事実だったようであり、後輩芸人は「渡部さんはテレビで売れる前から遊び人として有名でした。

 

芸人たちの間ではどの先輩がいかに遊んでるか話題にしたりしますが、渡部さんは持ち前のルックスで常に引く手あまた。

 

ファンをはじめ一般人まで、とにかくどんな女の子でも基本的に持ち帰るので、当時『セックスアニマル』と呼ばれていました」と証言していたと「日刊サイゾー 」が報じています。

 

 

この記事のまとめ

この、渡部健さんと佐々木希さんの今後は、どう展開して行くか目を離さずに温かく見守って行きたいと思います。

 

 


スポンサーリンク

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました